三上相談

相続が発生して、相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。また、調停がまとまらない場合には、審判の手続に移行し、裁判官が審判を行います。

ただし、そもそも遺産分割を行うに当たっての前提事項の段階で主張が対立している場合には、民事訴訟を提起して、判決を受けることが考えられます。

前提事項を争う訴訟としては、遺産かどうかを確定させる訴訟、相続人であるかどうかを確定させる訴訟、遺言の有効・無効を確定させる訴訟などがあります。

協議や調停の段階で、これらの前提事項に争いがあり、話し合っても平行線を辿ることが必至と思われる場合には、訴訟も視野に入れるべきです。

訴訟を提起するかどうかは、相続の全体像の中で、どのような結果になることが想定されるかなどを踏まえた上で判断するべきです。

遺産分割に関係する訴訟の手続の流れや、訴訟になった場合に想定される結果などについて、まずは弁護士にご相談いただくのが良いでしょう。

遺産分割についてはこちらもご覧ください

●遺産分割でお困りの方
●遺産分割の流れ
●相続調査について
●遺産分割協議と遺産分割協議書
●遺産分割の調停と審判
●遺産分割に関係する訴訟について
●現物分割・代償分割・換価分割のメリットとデメリット
●遺産分割を弁護士に依頼するメリット
●行方不明や音信不通の相続人がいる場合の遺産分割
●認知症の相続人がいる場合の遺産分割
●相続人に未成年者がいる場合の遺産分割
●婚外子がいる場合の遺産分割
●面識のない相続人がいる場合の遺産分割