遺産分割を行うに当たっては、まずは相続人と相続財産を確定させなければなりません。相続人や相続財産に漏れがあった場合には、相続人全員で遺産分割を再度やり直さなければならないからです。

また、被相続人の死後、3か月以内に相続放棄や限定承認をしなかった場合には、単純承認と言って、プラスの財産もマイナスの財産も全てを法定相続分(法律で定められた相続の割合)に従って引き継ぐこととなってしまう結果、遺産相続によって損をしてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

・被相続人が、生前に財産を明らかにしなかったので、いま分かっている財産で全てかどうか、不明である。
・不動産や株式など、相続財産をどう評価すべきか(いくらなのか?)がよく分からない
・被相続人には複数の愛人などがいて、家族関係が複雑なので、相続人が良く分からない
・消息不明の相続人がいる

このような場合は、専門家に相続調査を依頼してください。相続調査には、①相続人調査と、②相続財産調査があります。

相続人調査では、戸籍謄本を収集し、相続人を確定します。また、相続財産調査では、被相続人の財産を調査し、財産目録を作成します。

財産の種類によっては、その価値を見極めるのが困難なものもあります。例えば、不動産については、専門家の評価を受けることが必要な場合もあります。

八戸シティ法律事務所では、税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士とも提携が可能です。したがって、八戸シティ法律事務所は、財産の評価についても、これらの専門家と提携して、確実に実施させていただきます。

遺産分割についてはこちらもご覧ください

●遺産分割でお困りの方
●遺産分割の流れ
●相続調査について
●相続人調査について
●遺言の有無の調査について
●負債の調査について
●遺産分割協議と遺産分割協議書
●遺産分割の調停と審判
●遺産分割に関係する訴訟について
●現物分割・代償分割・換価分割のメリットとデメリット
●遺産分割を弁護士に依頼するメリット
●行方不明や音信不通の相続人がいる場合の遺産分割
●認知症の相続人がいる場合の遺産分割
●相続人に未成年者がいる場合の遺産分割
●婚外子がいる場合の遺産分割
●面識のない相続人がいる場合の遺産分割
●遺産分割後に遺言書が見つかった場合の対応
●遺産分割後に新たな相続人が判明した場合の対応
●遺産分割後に新たな遺産が見つかった場合の対応