弁護士木村哲也

相続は、ほとんどが一生に1度か2度のことであり、初めて経験される方も多いと思います。

相続とは、亡くなった方の財産・負債や権利・義務などの法律的な関係が配偶者や子どもなどに引き継がれることです。

相続においては、亡くなった方を「被相続人」と呼び、亡くなった方との間に一定の身分関係があり、被相続人の財産等を引き継ぐ人を「相続人」と呼びます。

実際に、相続・遺産分割を進めるにあたっては、

・まずは誰が相続人なのか?
・財産がどれだけあるのか?
・遺言は残されているか?
・財産をどのように分けるか?
・相続税は発生するのか?

などをきちんと調べる必要があります。間違いがあれば、すべてやり直しになってしまうこともあります。

相続に慣れている方はいません。ご不明な点がある場合や、トラブルが想定される場合には、専門家である弁護士にご相談ください。

相続の基礎知識についてはこちらもご覧ください

●相続の基礎知識
●相続のスケジュール
●法定相続人と法定相続分とは
●相続放棄と限定承認