平成29年5月29日から、法定相続情報証明制度が開始されました。

法定相続情報証明制度とは、相続人が必要書類を法務局に提出し手続を踏むことで、登記官が、法定相続人が誰であるのかを証明する制度です。相続が発生した場合、相続人は、不動産登記の変更や、預貯金の解約・払戻といった各種の相続手続を行う必要があります。そして、その手続を行うに当たっては、関係先に対して、それぞれ戸籍関係の書類を提出する必要があります。しかし、この法定相続情報証明制度を利用すれば、相続人は、法務局から発行される法定相続情報一覧図を提出することで、何通もの戸籍関係の書類を都度提出する手間を省略することができます。

法定相続情報証明制度を利用するに当たっては、次の手順で準備を進めることになります。
①相続人において、戸籍謄本や住民票の除票などの戸籍関係の必要書類を収集する。
②相続人において、法定相続人を一覧にした法定相続情報一覧図を作成する。
③相続人において、戸籍関係の書類と作成した法定相続情報一覧図を法務局に提出し、申請を行う。
④登記官が書類の内容を確認した上で、相続人に対し、戸籍関係の書類を返却し、必要な部数の法定相続情報一覧図の写しを交付する。
⑤相続人は、交付された法定相続情報一覧図の写しを利用し、各種相続手続を行う。

法定相続情報証明制度の利用や申請に当たっては、手数料などの料金はかかりません(もっとも戸籍関係の書類の取得にかかる費用はかかります)。また、法定相続情報一覧図は、登記所において5年間保管されますので、その期間中であれば、一覧図の写しの再交付を求めることが可能です。法定相続情報証明制度を導入した法務省からは、同制度により、相続手続にかかる相続人と担当部署の双方の負担が軽減されることや、登記官が、相続人に対して相続登記の必要性などを説明することで、相続手続が放置されることを防ぐことが期待されるとの説明がなされています。

もっとも、法定相続情報証明制度を利用するにあたっては、相続人において、戸籍関係の書類を集めたり、法務局での手続が必要であったりと、一定の準備が必要であることには変わりありません。また、従前どおり、法定相続情報証明制度を利用せずに相続手続を行うことも可能です。さらに、実際に遺産である不動産や預貯金を相続人に分割するためには、別途、遺産分割の手続を踏む必要があります。したがって、どれくらいの利便性があるのか、どれくらい利用が普及するのかは、現時点では未知数です。

法定相続情報証明制度は、まだ始まったばかりですが、今後どのように活用できるのかを考えていく必要があるかと思います。

(弁護士・三上大介)

八戸シティ法律事務所の弁護士が書いたコラムです。

No 年月日 コラム
1 2016年9月28日 相続サイト(このホームページ)の開設に当たって(弁護士・木村哲也)
2 2016年10月11日 相続・遺言に関するご相談は初回無料です(弁護士・木村哲也)
3 2016年10月25日 相続トラブルは一部のお金持ちに限った話ではありません(弁護士・木村哲也)
4 2016年11月8日 遺産分割はお早めに(弁護士・木村哲也)
5 2016年11月22日 特別受益や寄与分が認められることの難しさ(弁護士・木村哲也)
6 2016年12月13日 遺留分(遺留分減殺請求)の制度をご存知ですか?(弁護士・木村哲也)
7 2016年12月26日 相続における預貯金の取り扱いについて、従来の判例が変更され、審判で遺産分割できるとの判断が示されました(弁護士・山口龍介)
8 2017年3月2日 家族信託についてのセミナーを受講しました(弁護士・山口龍介)
9 2017年3月21日 不動産の遺産分割の方法について(弁護士・山口龍介)
10 2017年3月30日 相続税の節税目的での養子縁組は有効かどうかが争われた裁判で、これを有効と認める最高裁判所の判断が示されました(弁護士・三上大介)
11 2017年4月26日 船井総研の民事信託実務研修を受講しました(弁護士・木村哲也)
12 2017年5月26日 続・遺産分割はお早めに(弁護士・木村哲也)
13 2017年6月30日 法定相続情報証明制度について(弁護士・三上大介)
14 2017年9月20日 遺言書を作成するときは、遺留分に配慮しましょう(弁護士・山口龍介)
15 2018年6月11日 相続放棄は弁護士にご相談ください(弁護士・木村哲也)