平成29年2月7日、公益社団法人八戸法人会が主催する税理士セミナー「あんしんな老後と相続を考える」が開催され、弁護士・山口龍介が受講してきました。

このセミナーでは、信託(家族信託)制度の概要と信託に関する税務の基礎、そして、具体的な活用方法としての認知症に備えての信託の活用、遺言書としての信託の活用、事業承継のための信託の活用などについて、講師の税理士から解説いただきました。

信託法の改正により、それぞれの人に合った信託を設定できるようになり、本人の希望に適った財産管理や、争いのない相続を実現するためのツールの一つとして信託の活用が注目されています。主なものとしては、認知症に備えて成年後見制度よりも財産管理上の自由度が高い信託を活用する例、円滑な事業承継のために信託を活用する例などがあります。

当事務所では、本人の希望に適った、争いのない相続の実現のために、生前対策のご提案をさせていただいております。今後は、この家族信託の活用も含めて、さらに相談者・依頼者の希望に適ったご提案ができるように、また、認知症に備えての財産管理のご提案ができるように、専門性を高めて参りたいと思います。

(弁護士・山口龍介)

八戸シティ法律事務所の弁護士が書いたコラムです。

No 年月日 コラム
1 H28.9.28 相続サイト(このホームページ)の開設に当たって(弁護士・木村哲也)
2 H28.10.11 相続・遺言に関するご相談は初回無料です。(弁護士・木村哲也)
3 H28.10.25 相続トラブルは一部のお金持ちに限った話ではありません。(弁護士・木村哲也)
4 H28.11.8 遺産分割はお早めに(弁護士・木村哲也)
5 H28.11.22 特別受益や寄与分が認められることの難しさ(弁護士・木村哲也)
6 H28.12.13 遺留分(遺留分減殺請求)の制度をご存知ですか?(弁護士・木村哲也)
7 H28.12.26 相続における預貯金の取り扱いについて、従来の判例が変更され、審判で遺産分割できるとの判断が示されました。(弁護士・山口龍介)
8 H29.3.2 家族信託についてのセミナーを受講しました。(弁護士・山口龍介)
9 H29.3.21 不動産の遺産分割の方法について(弁護士・山口龍介)
10 H29.3.30 相続税の節税目的での養子縁組は有効かどうかが争われた裁判で、これを有効と認める最高裁判所の判断が示されました。(弁護士・三上大介)
11 H29.4.26 船井総研の民事信託実務研修を受講しました。(弁護士・木村哲也)
12 H29.5.26 続・遺産分割はお早めに(弁護士・木村哲也)
13 H29.6.30 法定相続情報証明制度について(弁護士・三上大介)
14 H29.9.20 遺言書を作成するときは、遺留分に配慮しましょう。(弁護士・山口龍介)
15 H30.6.11 相続放棄は弁護士にご相談ください。(弁護士・木村哲也)
16 H30.8.21 お盆期間中に相続に関する話し合いをされた方へ(弁護士・木村哲也)
17 H30.10.3 高齢親の「囲い込み」の禁止命令が横浜地方裁判所で出されました。(弁護士・木村哲也)