ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、依頼者との関係が実の兄弟姉妹の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
3 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
5 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)
6 成立した遺産分割協議の内容に従わず、預貯金の一部のみを送金してきた相手方に対し、交渉・調停・訴訟を経て、850万円を獲得した事案(その他)
7 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、520万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
8 認知症の被相続人の不動産の名義を移転した相続人から、法定相続分に相当する額の財産を取得した事案(その他)