ここでは、八戸シティ法律事務所が解決した事例の一部のうち、預金が問題となった解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
3 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
4 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
5 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
6 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
7 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)
8 成立した遺産分割協議の内容に従わず、預貯金の一部のみを送金してきた相手方に対し、交渉・調停・訴訟を経て、850万円を獲得した事案(その他)
9 相続人間で話し合いが難航していた遺産分割協議を成立させ、約1500万円の遺産を確保した事案(遺産分割協議)
10 被相続人の遺産である不動産の相続登記手続中に、被相続人と前妻との間に子がいることが判明したケースで、遺産の全額である約1300万円を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
11 被相続人の子に相続放棄をしてもらうことで、被相続人の弟が預貯金1800万円の遺産を相続した事案(その他)
12 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、520万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
13 遺産分割調停によって、約808万円を獲得した事案(遺産分割調停)
14 遺産の調査を経て約2100万円の遺産を取得するとともに、相続人でない親族によって遺産から持ち出された500万円を取り戻した事案(その他)
15 16人もの法定相続人がいる相続について、遺産分割調停によって単独相続することに成功した事案(遺産分割調停)
16 8名の法定相続人との間で、ご依頼から4か月ほどで、3650万円余りの遺産を取得する内容で遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)