1 背景

50代の男性から、遺産分割に関するご相談をいただきました。
お客様の父(被相続人)が死亡し、相続人はお客様を含む兄弟姉妹3人でした。

兄弟姉妹の1人(長男)は、被相続人の世話をし、被相続人の預金を管理している状況でした。
お客様は、長男との遺産分割協議を試みましたが、話し合いが難航したことから、弁護士を入れて進めたいとのことで、当事務所にご依頼いただくこととなりました。

2 当事務所の活動と結果

当事務所の弁護士が、被相続人の預金の取引履歴を調査すると、被相続人の死亡直前期に、多額の払戻が多数回にわたって行われていることがわかりました。
そして、当事務所の弁護士は、これらの預金の払戻について、金融機関から払戻請求書の開示を受けたところ、長男による払戻が行われていたことがわかりました。

そこで、当事務所の弁護士は、長男に対し、払い戻した多額の預金の使途について、質問状を送付し、問いただしました。
これに対し、長男は、不合理な説明に終始しました。
そこで、当事務所の弁護士は、話し合いでの解決は難しいと判断し、お客様の同意を得たうえで、長男に対し、使い込んだ預金の返還を請求する訴訟を提起しました。

長男は、訴訟に至って弁護士を立ててきましたが、払い戻した預金の使途について、同様の不合理な説明を繰り返しました。
これに対し、当事務所の弁護士は、まずは、被相続人が入院・入所していた病院・施設のカルテ・介護記録を取り寄せ、長男による預金の払戻が行われた当時、被相続人の判断能力が大きく衰えていたことを立証しました。
そのうえで、当事務所の弁護士は、長男による預金の使途の説明が不合理であることを、丁寧に主張・立証していきました。
その結果、長男の説明のうち、大部分が裁判官によって否認され、520万円を返還させる内容での和解を勝ち取ることができました。

3 所感

預金の使い込みの事案では、払戻が行われた当時の被相続人の判断能力と、払い戻された預金の使途に関する相手方の主張の合理性がポイントとなることが多いです。
被相続人の判断能力については、当時の被相続人の要介護認定の状況、病院・施設のカルテ・介護記録などが手掛かりとなります。
また、相手方が主張する預金の使い道について、個別的に緻密な検討を加え、粘り強く丁寧に反論を加えていくことが大切です。
弁護士の主張・立証活動によって、相手方の言い訳をどこまで切り崩していけるかが勝負の分かれ目となります。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
15 再転相続が発生した複数の相続人について、相続放棄をした事案(相続放棄)
16 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)
17 亡くなってから2年以上経過した後に、多額の負債が発覚した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
18 複数の金融業者からの借入があった被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
19 成立した遺産分割協議の内容に従わず、預貯金の一部のみを送金してきた相手方に対し、交渉・調停・訴訟を経て、850万円を獲得した事案(その他)
20 被相続人の子(音信不通)に相続放棄を促したうえで、被相続人の母と弟が相続放棄を行った事案(相続放棄)
21 相続人間で話し合いが難航していた遺産分割協議を成立させ、約1500万円の遺産を確保した事案(遺産分割協議)
22 被相続人の遺産である不動産の相続登記手続中に、被相続人と前妻との間に子がいることが判明したケースで、遺産の全額である約1300万円を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
23 被相続人の子に相続放棄をしてもらうことで、被相続人の弟が預貯金1800万円の遺産を相続した事案(その他)
24 亡くなってから半年ほど経過した後に、損害賠償の支払義務を負っていることが判明した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
25 被相続人の死亡から7年後に、担保不動産競売開始決定の通知を受け取ることで初めて被相続人の債務の存在を知った被相続人の子が、相続放棄を行った事案(相続放棄)
26 被相続人の子である未成年者を相続放棄させるために、未成年後見人選任申立て、特別代理人選任申立てをした上で相続放棄をした事案(相続放棄)
27 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、520万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
28 認知症の被相続人の不動産の名義を移転した相続人から、法定相続分に相当する額の財産を取得した事案(その他)
29 遺産分割調停によって、約808万円を獲得した事案(遺産分割調停)