1 背景

40代の男性から、亡くなった兄(被相続人)の遺産について、ご相談をいただきました。被相続人の遺産としては、預貯金(約1800万円)が残されており、相続人として被相続人の子がいました。もっとも、被相続人は、子がまだ幼かった頃に、元妻をその子の親権者として離婚していて、それ以来、その子とは長年会っておらず、連絡を取ることもなかったとのことでした。さらに、被相続人が残したメモには、遺産は弟に取得させたいということが書かれていました。しかしながら、遺言書としての要件を満たした書面は残されていませんでした。

お客様は、できる限り被相続人の意思を尊重し、実現させる形で解決したいとのことで、当事務所にご依頼いただきました。

2 当事務所の活動と結果

当事務所の弁護士は、被相続人が残したメモの内容を確認し、第1順位の相続人である子(相手方)の所在を調査したうえで、相手方へ、被相続人が亡くなったことを知らせる手紙を送りました。そして、さらに、被相続人が残したメモの存在とその内容を伝えて、被相続人の意思の実現に理解と協力を求める内容の手紙を送りました。

すると、相手方から、こちらの要望に応じて、相続放棄するとの返答がありました。そして、当事務所の弁護士が相続放棄の方法を丁寧に案内することで、手続を取ってもらうことができました。その結果、(第2順位の相続人である父・母はすでに故人であるため)第3順位の相続人であるお客様が、預貯金1800万円の遺産を相続することで解決することができました。

3 所感

本件では、当事務所の弁護士の交渉に応じて、相手方が被相続人の意思を酌んで相続放棄の手続を取ってくれたことで、お客様が被相続人の遺産を相続して、被相続人の生前の意思を実現することができました。もっとも、相続するかどうか(相続放棄するかどうか)は、あくまで相続人本人の自由な意思で決められるものですから、いくら被相続人の意思が明確であったとしても、遺言書がない限り、その被相続人の意思の実現を強制することはできません。やはり、相続人ではない者に遺産を継がせたいとか、特定の相続人だけに遺産を継がせたいという場合には、生前にきちんと遺言書(特に公正証書遺言)を作成しておくべきであるといえます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
15 再転相続が発生した複数の相続人について、相続放棄をした事案(相続放棄)
16 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)
17 亡くなってから2年以上経過した後に、多額の負債が発覚した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
18 複数の金融業者からの借入があった被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
19 成立した遺産分割協議の内容に従わず、預貯金の一部のみを送金してきた相手方に対し、交渉・調停・訴訟を経て、850万円を獲得した事案(その他)
20 被相続人の子(音信不通)に相続放棄を促したうえで、被相続人の母と弟が相続放棄を行った事案(相続放棄)
21 相続人間で話し合いが難航していた遺産分割協議を成立させ、約1500万円の遺産を確保した事案(遺産分割協議)
22 被相続人の遺産である不動産の相続登記手続中に、被相続人と前妻との間に子がいることが判明したケースで、遺産の全額である約1300万円を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
23 被相続人の子に相続放棄をしてもらうことで、被相続人の弟が預貯金1800万円の遺産を相続した事案(その他)
24 亡くなってから半年ほど経過した後に、損害賠償の支払義務を負っていることが判明した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
25 被相続人の死亡から7年後に、担保不動産競売開始決定の通知を受け取ることで初めて被相続人の債務の存在を知った被相続人の子が、相続放棄を行った事案(相続放棄)
26 被相続人の子である未成年者を相続放棄させるために、未成年後見人選任申立て、特別代理人選任申立てをした上で相続放棄をした事案(相続放棄)