1 背景

50代の男性(お客様)から、亡くなった父親(被相続人)の遺産分割について、ご相談をいただきました。被相続人の遺産としては、預貯金(約700万円)と自宅不動産(土地・建物の合計で評価額が約600万円。建物が被相続人とお客様との共有状態)が残されていました。そして、お客様および被相続人の妻(お客様の母)が遺産分割について話し合ったところ、お客様がすべての遺産を取得するという方針でまとまりました。この時点で、相続人はお客様とお客様の母だけであるというのが、両者の認識でした。

ところが、自宅不動産の登記名義を依頼者に移転する相続登記にあたって、被相続人の戸籍謄本類を収集していたところ、被相続人には前妻との間に子がいることが判明しました。しかし、お客様およびお客様の母は、被相続人の前妻の子とは面識がなかったため、どうやって連絡を取ればよいのかが分からず、ご自身で対応することに不安を感じている状況でした。そのため、お客様およびお客様の母の2名から、被相続人の前妻の子との遺産分割協議をご依頼いただくこととなりました。

2 当事務所の活動と結果

当事務所の弁護士は、すぐに、被相続人の戸籍関係の調査によって判明した被相続人の前妻の子(相手方)に対し、所在を調査した上で弁護士名にて郵便を送付し、当方の意向(お客様が全ての遺産を取得すること)を伝えて、遺産分割協議の提案を行いました。これに対し、相手方から、遺産の取得を希望しない旨の回答が来ました。こうして、相手方との間で、お客様が遺産を全て取得するという内容の遺産分割協議書を作成することができました。その結果、お客様が合計約1300万円の遺産を取得する内容での解決を勝ち取りました。

3 所感

被相続人名義の不動産の相続登記や預貯金の解約のために、被相続人の戸籍謄本類を収集中に、被相続人の前妻との間に子がいることが判明するケースは、珍しいものではありません。

このような場合、被相続人の前妻の子も含めた相続人全員で遺産分割を行わなければ、相続登記などの手続を取ることができません。しかし、被相続人の前妻の子と連絡を取ることが、相続人にとって非常に大きな負担となるとか、被相続人の前妻の子が遺産分割に非協力的な態度であるなどのケースも少なくありません。このようなケースでは、相続人ご自身で対応することは困難なことが多いため、弁護士のサポートのもとに遺産分割の手続を進めるのがよいでしょう。

弁護士に遺産分割を依頼すれば、被相続人の前妻の子の所在確認から、その後の遺産分割協議に至るまで、手続を一任することができます。そのため、お客様のご負担を軽減した上で、適正かつ早期の解決を目指すことが期待できます。

4 お客様の声

依頼結果に対しては、満足しております。対応も満足する内容であり、別の案件があった場合は、またよろしくお願い致します。

※クリックすると拡大されます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
15 再転相続が発生した複数の相続人について、相続放棄をした事案(相続放棄)
16 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)
17 亡くなってから2年以上経過した後に、多額の負債が発覚した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
18 複数の金融業者からの借入があった被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
19 成立した遺産分割協議の内容に従わず、預貯金の一部のみを送金してきた相手方に対し、交渉・調停・訴訟を経て、850万円を獲得した事案(その他)
20 被相続人の子(音信不通)に相続放棄を促したうえで、被相続人の母と弟が相続放棄を行った事案(相続放棄)
21 相続人間で話し合いが難航していた遺産分割協議を成立させ、約1500万円の遺産を確保した事案(遺産分割協議)
22 被相続人の遺産である不動産の相続登記手続中に、被相続人と前妻との間に子がいることが判明したケースで、遺産の全額である約1300万円を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
23 被相続人の子に相続放棄をしてもらうことで、被相続人の弟が預貯金1800万円の遺産を相続した事案(その他)
24 亡くなってから半年ほど経過した後に、損害賠償の支払義務を負っていることが判明した被相続人について、相続人が相続放棄をした事案(相続放棄)
25 被相続人の死亡から7年後に、担保不動産競売開始決定の通知を受け取ることで初めて被相続人の債務の存在を知った被相続人の子が、相続放棄を行った事案(相続放棄)