1 背景

お客様(70代の女性)から、昭和50年代に亡くなった父名義の不動産について、お客様の単独所有とする内容での遺産分割の話し合いを持ちかけているものの、連絡が取りづらい相続人や、遠方にいて全く返答がない相続人がいて、協議が進まないということでご相談をいただきました。不動産をお客様の単独所有とすることについては、お客様を除いた10名の相続人のうち、6名の相続人からはすでに同意を得ていましたが、残り4名については、何度か手紙を送っても返答がないなどして、同意が得られていない状況とのことでした。

すでに遺産分割の話し合いを持ちかけてから2年ほど経過しており、できるだけ早く決着をつけたいとのことで、当事務所にご依頼いただきました。

2 当事務所の活動と結果

当事務所の弁護士は、お客様の意向に基づき、同意が得られていない4名の相続人に対して、不動産をお客様の単独所有とすることに理解と協力を求める内容の手紙を送付しました。また、その手紙の文中で、今後も何らの連絡・返答もない場合には、家庭裁判所での手続(遺産分割調停・審判)を申立てて進めていくことを、あわせて通知しました。

その結果、同意を得られていなかった4名全員が、こちらの要望に応じて、署名捺印した遺産分割協議書等を送付してきたため、ご依頼から1か月ほどで、不動産をお客様の単独所有とする内容での遺産分割協議を成立させることができました。

3 所感

被相続人の死亡から長期間経過した遺産分割では、相続人の数も多く、また、全く交流がなく、連絡が取れない相続人がいたりするなどして、相当の期間にわたって協議が進まないままとなっていることがよくあります。このような場合でも、家庭裁判所での遺産分割調停・審判を視野に入れて、協議の段階から弁護士が介入することで、短期間でスムーズに解決に至るケースも少なくありません。

4 お客様の声

2年くらいかかっていた問題がようやく解決し、家族一同安心致しております。シティさんにお願いをして本当に良かったです。有難うございました。
解決事例12
※クリックすると拡大されます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

 

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
15 再転相続が発生した複数の相続人について、相続放棄をした事案(相続放棄)
16 被相続人の生前の財産管理を行っていた相続人が遺産分割を拒否していた状況で、遺産分割調停を申し立て、約450万円の金銭を獲得した事案(遺産分割調停)