1 背景

50代の男性から、弟(被相続人)が死亡したところ、被相続人が生前書き留めたと思われるノートによると、個人から複数の借入をしていた形跡があるとして、その対処などについてご相談いただきました。

被相続人にはほとんど資産がなく、債務超過と考えられたため、当事務所の弁護士が負債を引き継ぐリスクを回避するためには相続放棄をした方がよいことを説明し、ご依頼いただくこととなりました。

2 当事務所の活動と結果

被相続人の子ども4人が最初の相続人であったため、当事務所の弁護士が子どもたちの代理人として、相続放棄の手続を行いました。子どもたちが相続放棄すると、次は被相続人の母親に相続権が移ったため、当事務所の弁護士が母親の代理人として、相続放棄の手続を行いました。母親が相続放棄すると、次は依頼者を含む被相続人の兄弟姉妹2人に相続権が移ったため、当事務所の弁護士が依頼者を含む兄弟姉妹らの代理人として、相続放棄の手続を行いました。こうして、すべての相続放棄が完了し、誰も負債を引き継がないこととなりました。

3 所感

被相続人が負債を抱えて死亡した場合、負債を引き継がないためには、相続放棄の手続を取ることが考えられます。相続放棄では、本件のように最初の相続人(子ども)が相続放棄をすると、次の順位の相続人(両親や祖父母、次いで兄弟姉妹・甥姪)へと相続権が移っていくため、誰も負債を引き継がないようにするためには、段階を踏んで複数の親族が相続放棄をしていく必要があるといったケースも少なくありません。相続放棄の際は、弁護士にご相談・ご依頼のうえで、確実に手続を進めていくことをお勧めします。

4 お客様の声

この度は、親身なご対応を頂き、本当に助かりました。ありがとうございました。
解決事例6
※クリックすると拡大されます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

 

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)