1 背景

80代の男性から、遺産分割協議についてのご相談をいただきました。お客様の妻(被相続人)が死亡し、子どもがおらず、妻の親もすでに亡くなっていたため、相続人は夫であるお客様のほか、妻の兄弟姉妹・甥姪合わせて7名でした。お客様の妻の兄弟姉妹・甥姪は、1名を除いてお客様との面識がなく、しかも全国各地に散らばって、外国にいる者も複数名いました。

遺産分割の対象は被相続人の預貯金約1200万円であり、お客様の法定相続分が4分の3、被相続人の兄弟姉妹・甥姪の法定相続分が合計で4分の1でした。これに対し、お客様は、被相続人の預貯金の出所がお客様の預貯金であること、お客様が被相続人とずっと同居して世話をしてきたことから、法定相続分にかかわらず、被相続人の預貯金の全額を取得することを希望されました。

しかし、ご自身で対応するのは大変とのことで、当事務所にご依頼いただきました。

2 当事務所の活動と結果

当事務所の弁護士は、ご依頼を受けたあと、お客様のご意向に基づき、被相続人の兄弟姉妹・甥姪のひとりひとりに対し、相続放棄をするように、郵便や電話で依頼しました。本件のように、子どもがおらず、親もすでに亡くなっているという方が死亡した場合、相続人は配偶者および兄弟姉妹・甥姪となり、人数が多く、複雑になりがちです。それでも、なんとか全員の協力を得て、被相続人の預貯金の全額を取得することに成功しました。

3 所感

相続人の数が比較的多く、外国にいる者もいたため、通常よりも手間がかかりましたが、お客様のご希望どおりの解決に漕ぎつけました。この結果に、お客様は大変満足しておられました。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

 

No 解決事例
1 1か月とかからずに、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
2 預貯金約1200万円を全額取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
3 相手方の当初要求額から800万円減額した内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
4 被相続人の預金を使い込んだ相続人から、600万円を取り戻した事案(預金の使い込み)
5 相続人でない親族のもとに残された遺産について、相続人への引渡しを仲介した事案(その他)
6 個人から複数の借入をしていた形跡のある被相続人について、相続人らが相続放棄をした事案(相続放棄)
7 連絡が取りづらく、遺産分割に協力的でない相手方との間で、被相続人の死亡から6年間塩漬けだった遺産分割を1回の調停期日で成立させた事案(遺産分割調停)
8 相続人同士の関係が険悪となった中で、遺産分割調停によって約1340万円の遺産を獲得した事案(遺産分割調停)
9 相続人同士の関係が悪く、祭祀財産の承継などをめぐって紛争が生じていたところ、調停を起こして墓や仏壇の帰属・取扱いに関する合意を成立させた事案(祭祀財産承継者指定調停)
10 遺産分割協議によって、約1180万円の遺産を獲得した事案(遺産分割協議)
11 約4100万円の遺産を獲得する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
12 2年ほど進んでいなかった遺産分割の問題を解決し、ご依頼から1か月ほどで、不動産を単独取得する内容での遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)
13 約948万円の遺産を取り戻す内容の遺留分減殺請求調停を成立させた事案(遺留分減殺請求調停)
14 相続手続中、被相続人に前妻との間の子がいることが判明したケースで、ご依頼から1か月ほどで、約1650万円の遺産を確保する内容の遺産分割協議を成立させた事案(遺産分割協議)