遺産分割の調停も審判も、弁護士に依頼した場合には、基本的に、弁護士のみが家庭裁判所に出頭することも可能であり、当事者本人の出頭は義務的なものではありません。

遺産分割の調停は、家庭裁判所で、調停委員を介して当事者の話し合いにより手続が進められますが、弁護士に依頼した場合には、原則として弁護士のみの出頭で足り、本人が出頭することは義務的ではありません。例えば、単に相手方が感情的になって協議がまとまらなかったために、遺産分割の調停を申し立てたという場合などであれば、弁護士だけの出頭で足り、当事者本人が出頭して話をする必要はないでしょう。もっとも、調停での話し合いを進めていく中で、背景事情の詳細な説明をすることや、柔軟な解決方法を探っていくことが必要となることが見込まれるときは、その場で、当事者本人が説明をしたり、解決方法に関する決定をしたりする方が、手続がスムーズになると言えます。このようなときには、弁護士だけでなく、当事者本人も家庭裁判所に出頭するのが望ましいでしょう。

遺産分割の審判は、遺産分割の調停の手続を経てから行われることがほとんどであるため、すでに争点(争いのある事項)が整理されている状態から始まります。そして、その争点に対して、当事者の書面での主張・立証を踏まえた上で、裁判官が判断を下すことになります。このように、遺産分割の審判の手続では、当事者の話し合いではなく、当事者の主張・立証および裁判官の判断を中心とする手続です。そのため、基本的に、弁護士だけが家庭裁判所に出頭することになり、当事者の出頭が必要となる場面は少ないです。ただし、審理が進んでいくに従って、裁判官が、当事者本人から、特に話を聞く必要があると判断した場合には、当事者本人も家庭裁判所に出頭する必要が出てきます。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続はどのようにして行いますか?
2 遺産分割の方法には、どのようなものがありますか?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分侵害額請求とは?
9 遺留分侵害額請求の手続はどのようにして行いますか?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続はどのようにして行いますか?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?
26 遺産分割の調停や審判は、どこの家庭裁判所に申し立てればよいですか?
27 相続放棄は、どこの家庭裁判所で手続を取ればよいですか?
28 相続放棄をする場合にやってはいけない単純承認に該当する行為には、どのようなものがありますか?
29 相続人の一部が行方不明になっている場合、遺産分割はできますか?
30 相続人の一部と連絡が取れないのですが、探し出す方法はありますか?
31 どのような遺産があるのかが分からないのですが、どのようにして調べればよいでしょうか?
32 遺産分割の調停や審判には、弁護士に依頼した場合でも当事者本人が家庭裁判所に出頭しなければならないのでしょうか?
33 遠方の家庭裁判所で遺産分割の調停や審判が行われる場合、交通費や時間をかけて出頭しなければならないのでしょうか?