まずは、被相続人の持ち物や住んでいた家の中を調べることから始めましょう。

一般的に、遺産の内容としては、預貯金、不動産、株式や投資信託などが考えられます。

預貯金については、まずは、被相続人の持ち物や住んでいた家の中を調べて、預金通帳やキャッシュカードを探します。このようにして見つかった預金通帳やキャッシュカードから、被相続人が利用していた金融機関が判明します。また、金融機関からの郵便物で判明することもあります。さらに、最近では、ネット銀行を利用している場合もあるので、パソコンの中も確認する必要があるでしょう。

被相続人が利用していた金融機関が判明したら、その金融機関の最寄りの支店へ行って、名寄せ(残高証明書の交付)を申請します。これにより、その金融機関の全支店の預金口座の有無や残高を知ることができます。また、被相続人の生活圏内にあるその他の金融機関でも預金口座を開設している可能性がありますので、生活圏内にある主要な金融機関の全てで名寄せの申請をするのが確実でしょう。

不動産については、被相続人が住んでいた家には、登記済権利書や登記識別情報があるはずですので、これらの書類を探しましょう。これらの書類には不動産の所在地が記載されているため、どこに不動産を所有しているのかを知ることができます。また、固定資産税通知書は、それぞれの自治体ごとに被相続人が所有している不動産が記載されているため、不動産の把握にとって有益なものです。

仮にこれらの書類を探すことができなかったとしても、被相続人の住所地やその周辺の自治体など、被相続人名義の不動産が所在すると考えられる役所で名寄帳(固定資産課税台帳)の交付の申請をすることで、その自治体にある不動産全てを確認することができます。

株式や投資信託については、株式に関する書類や証券会社からの郵便物によって把握することになります。これらの書類を確認したら、取引をしていた証券会社に照会して、取引情報の開示をしてもらいます。これにより、保有している株式数などを把握することができます。

その他、被相続人に近しい人物が遺産の情報を持っていることも多いです。そのため、被相続人と同居していた方への聞き取り、被相続人が施設に入所されていた場合には施設の担当者などへの聞き取りをしておくことも重要です。

もっとも、以上のような遺産の調査には、手間や負担が非常に大きいことと思われます。八戸シティ法律事務所では、預貯金、不動産、株式や投資信託などの調査を代行させていただくサービスもございます。遺産相続に関することでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度、八戸シティ法律事務所にご相談ください。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続はどのようにして行いますか?
2 遺産分割の方法には、どのようなものがありますか?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分減殺請求とは?
9 遺留分減殺請求の手続はどのようにして行いますか?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続はどのようにして行いますか?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?
26 遺産分割の調停や審判は、どこの家庭裁判所に申し立てればよいですか?
27 相続放棄は、どこの家庭裁判所で手続を取ればよいですか?
28 相続放棄をする場合にやってはいけない単純承認に該当する行為には、どのようなものがありますか?
29 相続人の一部が行方不明になっている場合、遺産分割はできますか?
30 相続人の一部と連絡が取れないのですが、探し出す方法はありますか?
31 どのような遺産があるのかが分からないのですが、どのようにして調べればよいでしょうか?