①その相続人の住所地を調査するか、②調査をしても行方が知れない場合には、不在者財産管理人の選任や失踪宣告の手続を踏むことで、有効な遺産分割を成立させることが可能となります。

遺産分割協議は、相続人全員で行わなくてはなりません。相続人のうち一人でも欠けた状態であれば、他の相続人同士で遺産分割協議をしたとしても、その遺産分割協議の効力は無効になります。そのため、再度、相続人全員で遺産分割協議をやり直す必要があります。このことは、遺産分割協議の場合に限らず、裁判所の手続を利用する場合(遺産分割調停、遺産分割審判)でも同様です。

そこで、相続人の中に行方不明の者がいる場合でも、その相続人と連絡を取ることを試みて、遺産分割協議などに参加してもらう必要があります。行方不明の相続人と連絡を取るためには、戸籍をたどっていって、その相続人の戸籍附票を取得して住所地を調べるという調査をする必要があります。その相続人が調査した住所地に実際に住んでいるという場合には、手紙を送付するなどして、その相続人を含めた遺産分割の手続を進めていくことが可能となります。

もっとも、調査した住所地に手紙を送付したにもかかわらず、「あて所に尋ねあたりません」として送付した手紙が戻ってくるなど、本当に行方不明となっていて、何らの連絡も取れないような相続人がいるという場合もあります。

このような場合には、家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらう手続を申し立てた上で、その行方不明となっている相続人の代わりに不在者財産管理人を加えて遺産分割の手続を進めることになります。

また、行方不明となっている相続人が7年以上行方不明の場合には、家庭裁判所に失踪宣告の申立てを行うこともできます。裁判所が失踪宣告を出した場合には、その相続人は法律上死亡したものと扱われるため、他の相続人だけで有効な遺産分割を成立させることが可能となります。もっとも、その失踪宣告が出された相続人に子がいる場合には、その子は代襲相続人となるのため、遺産分割に関与させなくてはなりません。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続はどのようにして行いますか?
2 遺産分割の方法には、どのようなものがありますか?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分侵害額請求とは?
9 遺留分侵害額請求の手続はどのようにして行いますか?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続はどのようにして行いますか?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?
26 遺産分割の調停や審判は、どこの家庭裁判所に申し立てればよいですか?
27 相続放棄は、どこの家庭裁判所で手続を取ればよいですか?
28 相続放棄をする場合にやってはいけない単純承認に該当する行為には、どのようなものがありますか?
29 相続人の一部が行方不明になっている場合、遺産分割はできますか?
30 相続人の一部と連絡が取れないのですが、探し出す方法はありますか?
31 どのような遺産があるのかが分からないのですが、どのようにして調べればよいでしょうか?
32 遺産分割の調停や審判には、弁護士に依頼した場合でも当事者本人が家庭裁判所に出頭しなければならないのでしょうか?
33 遠方の家庭裁判所で遺産分割の調停や審判が行われる場合、交通費や時間をかけて出頭しなければならないのでしょうか?