1 相続人が遺産の処分をしたとき。
2 相続人が3か月の期限内に相続放棄などをしなかったとき。
3 相続人が相続放棄などをした後であっても、遺産の隠匿や費消などをしたとき。

以上の事由に該当するときは、法律上、単純承認(プラスの遺産(資産)もマイナスの遺産(負債)も全て相続することを承認すること)をしたものをみなされます。最も問題となりやすいのが遺産の処分による単純承認であり、十分にご注意いただく必要があります。どのような場合に遺産の処分による単純承認に該当するのかについて、以下に整理しましたので、参考にしていただければと思います。

①被相続人の債務の支払

被相続人が支払うべき医療費、公共料金、賃料などの債務について、被相続人の預貯金や現金(つまり、遺産)から支払った場合には、遺産の処分による単純承認に該当するものと考えられます。一方、被相続人の債務について、相続人の預貯金や現金の中から支払った場合には、遺産に手を付けたわけではありませんので、単純承認には該当しないものと考えられます。

②被相続人の預貯金・現金からの葬儀費用の支払

被相続人の預貯金や現金から相続人が葬儀費用を支払ったとしても、遺産の処分による単純承認には該当しないものと考えられます(大阪高裁昭和54年3月22日決定)。

③形見分け

被相続人が生前身に着けていた衣類や身の回りの物など、経済的価値が高くない遺品を形見分けすることは、遺産の処分による単純承認には該当しないものと考えられます(山口地裁徳山支部昭和40年5月13日判決)。しかし、財産的価値が高い遺品を取得する行為については、遺産の処分による単純承認に該当することがあります(東京地裁平成12年3月21日判決)。

④遺産分割協議

相続人が遺産分割協議をすることは、遺産の処分による単純承認に該当するのが原則です。しかし、被相続人の多額の債務の存在を知らずに遺産分割協議を行ったケースで、被相続人の債務の存在を知っていれば当初から相続放棄の手続を選択していたであろうと言えるときは、遺産分割協議が要素の錯誤により無効となり(民法95条)、遺産の処分による単純承認に該当しないこともあります(大阪高裁平成10年2月9日判決)。

⑤被相続人の債務の取り立て

被相続人の債権を相続人が取り立てて受領する行為は、遺産の処分による単純承認に該当します(最高裁昭和37年6月1日判決)。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続はどのようにして行いますか?
2 遺産分割の方法には、どのようなものがありますか?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分減殺請求とは?
9 遺留分減殺請求の手続はどのようにして行いますか?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続はどのようにして行いますか?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?
26 遺産分割の調停や審判は、どこの家庭裁判所に申し立てればよいですか?
27 相続放棄は、どこの家庭裁判所で手続を取ればよいですか?
28 相続放棄をする場合にやってはいけない単純承認に該当する行為には、どのようなものがありますか?
29 相続人の一部が行方不明になっている場合、遺産分割はできますか?
30 相続人の一部と連絡が取れないのですが、探し出す方法はありますか?
31 どのような遺産があるのかが分からないのですが、どのようにして調べればよいでしょうか?