被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で手続きを取ることになります。

相続放棄をする場合、家庭裁判所で相続放棄の手続を取る(「相続放棄申述書」などを提出する)必要があります。しかし、どこの家庭裁判所で手続を取ってもよいわけではなく、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で手続きを取る必要があります。

ここで注意しなくてはならないのは、被相続人の最後の住所地が、実際に被相続人が亡くなるときに住んでいた場所(居所地)とは必ずしも一致するわけではない、という点です。被相続人の最後の住所地については、家庭裁判所に提出する必要がある被相続人の住民票の除票または戸籍附票によって確認することができますので、相続放棄の手続を取る前に、必ずきちんと確認するようにしましょう。

被相続人の最後の住所地を確認した後は、その住所地を管轄する家庭裁判所がどこであるかを調べます。その住所地を、どこの家庭裁判所が管轄しているかについては、インターネットで調べることができるほか、最寄りの家庭裁判所に問い合わせることによっても確認することができます。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続はどのようにして行いますか?
2 遺産分割の方法には、どのようなものがありますか?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分減殺請求とは?
9 遺留分減殺請求の手続はどのようにして行いますか?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続はどのようにして行いますか?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?
26 遺産分割の調停や審判は、どこの家庭裁判所に申し立てればよいですか?
27 相続放棄は、どこの家庭裁判所で手続を取ればよいですか?
28 相続放棄をする場合にやってはいけない単純承認に該当する行為には、どのようなものがありますか?
29 相続人の一部が行方不明になっている場合、遺産分割はできますか?
30 相続人の一部と連絡が取れないのですが、探し出す方法はありますか?
31 どのような遺産があるのかが分からないのですが、どのようにして調べればよいでしょうか?