山口相談風景

被相続人が生前に退職していて、すでに退職金(請求権)が発生している場合には、その退職金(請求権)が遺産に含まれることは当然です。

問題は、被相続人が在職中に死亡して、退職金が支給される場合ですが、ここでは、死亡退職金の支給の根拠が何かにより、判断されることになります。

法令や就業規則に基づいて支給される場合

公務員などは、法律や条例によって、民法の相続人の範囲・順位とは異なる受給者の範囲・順位等が定められています。また、民間の企業でも、就業規則等で死亡退職金が定められている場合には、民法の相続人の範囲・順位とは異なる受給者の範囲・順位等が定められている場合が多いようです。

これらについては、受給者である遺族は、相続人としてではなく、法令や就業規則等の定めにより、自分の固有の権利として退職金を取得することとなります。したがって、この場合の死亡退職金は、遺産に含まれません。

また、退職金規定において、死亡退職金は単に「遺族にこれを支給する」とだけ定められていた場合にも、裁判例では同様に、遺産に含まれないとしています。

規定が存在しない場合

法令や就業規則等に、死亡退職金に関する規定が存在しない場合には、支給の決定の内容や、支給の決定がなされた経緯などを考慮して判断されることとなります。

例えば、死亡退職金が決議などによって支給されることは、中小企業やその他の団体ではよくあることです。裁判例では、財団の理事をしていた被相続人について、財団の理事会決議により(退職金規定はない)、妻に退職金が支払われた事例で、死亡退職金は、相続財産として相続人の代表者としての妻に支給されたのではなく、相続という関係を離れて被相続人の妻であった個人に対して支給されたものであるとして、遺産には含まれないという判断をしたものがあります。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続は?
2 遺産分割の方法は?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分減殺請求とは?
9 遺留分減殺請求の手続は?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続は?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?
25 相続放棄をする場合に受け取れるもの、受け取れないものとしては、それぞれどのようなものがありますか?