本来相続人となる者が、被相続人が死亡するよりも前に死亡していたり、相続欠格・相続廃除で相続権を失ったりした場合には、その者の子どもが代わって相続することになります。これを「代襲相続」と言います。

三上相談

例を挙げてご説明いたします。Aさんは、すでに妻のBさんを亡くしていました。また、AさんとBさんとの間には、長男のCさんしか子どもがいませんでしたが、すでにCさんも死亡し、その子ども(Aさんから見ると孫)のDさんが残されました。Aさんが死亡して相続が発生した場合、DさんがCさんを代襲して、相続人となります。

このように、相続人が直系卑属(子・孫・ひ孫など、タテの血縁関係で、自分よりも下の世代の者)であれば、代襲相続は、子→孫→ひ孫→・・・と相続権が移行していきます。

また、相続人が兄弟姉妹であれば、甥・姪が代襲相続します。ただし、甥・姪の子どもまでは相続権は移行しませんので(甥・姪までで代襲相続は打ち止め)、ご注意ください。

Q&Aはこちらからご覧ください

No Q&A
1 遺産分割の手続は?
2 遺産分割の方法は?
3 代襲相続とは?
4 法定相続人とは?
5 法定相続分とは?
6 特別受益とは?
7 寄与分とは?
8 遺留分と遺留分減殺請求とは?
9 遺留分減殺請求の手続は?
10 遺言(遺言書)とは?
11 遺言書はどのようにして作成しますか?
12 相続放棄とは?
13 相続放棄の手続は?
14 限定承認とは?
15 相続できる財産(遺産の範囲)とは?
16 生命保険の保険金は遺産に含まれますか?
17 死亡退職金は遺産に含まれますか?
18 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)は遺産分割の対象となりますか?
19 祭祀財産(墓地、仏壇、位牌など)を誰が引き継ぐかについては、どのようにして判断されますか?
20 預貯金は遺産分割の対象となりますか?
21 相続において不動産の時価はどのようにして評価しますか?
22 遺産分割における不動産の分割方法は?
23 遺産の中に賃貸不動産がある場合、相続開始(被相続人の死亡)から遺産分割成立までの賃料は、誰のものになりますか?
24 葬儀費用は喪主の負担となりますか?相続人全員の負担となりますか?